我楽多写楽

写真道楽の我楽多が日常の徒然を書いてみます・・・

雲井御殿跡・・・

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

案内板
写真撮影で彼方此方ウロウロして居ると、時折変な物を見付けたりします・・・
坂出市での撮影を終えて帰ろうと綾川の土手を車で走って居ると、こんな案内板?を見付けてしまいました・・・
雲井御所?っていったい何なんでしょう???
周りを見渡してもそんな御所なんて言うような建物は見当たりません・・・
よく見ると「上皇が約2年間滞在した頃の御所」と書かれています・・・
ん~上皇っていったい何方なんでしょうかねぇ~???
思い当たるのは「崇徳上皇」位ですが、それで当たって居るんでしょうかねぇ~???
と成っても御所って言う事は無いでしょうねぇ~・・・
良くても御所跡って言う方が当たって居るでしょうねぇ~・・・
崇徳上皇の頃からすれば随分と時間が経っていますから、御所が残って居れば国宝級でしょうねぇ~・・・
まぁ~何はともあれ野次馬根性で押しかけてみたいと思います・・・

正門
案内板の所から道に従って降りていくと、こんな所に出ました・・・
矢張り御所跡なんでしょうねぇ~・・・
でも門扉に菊の御紋が付いて居ますから、皇室と縁なある方なんでしょうねぇ~・・・

石碑
中に入りますと石碑が有るだけです・・・
此処が御所跡だとすれば随分とこじんまりとした御所だったんでしょうねぇ~・・・

御所の碑
石碑には「雲井御所碑」の文字が彫られています・・・
後の字は遠くて小さいので奥読めませんねぇ~・・・

説明板
説明板の説明では、保元の乱で敗れた崇徳上皇が讃岐に配流され仮の御所として3年ほど過ごされた所なんですねぇ~・・・
「雲井御所碑」は高松藩主の建立だとか、石碑自体も年代物の様ですねぇ~・・・
上皇が詠まれた「ここもまた あらぬ雲井となりにけり 空行く月の影にまかせて」と詠まれた歌から「雲井御所」と名付けられた様ですねぇ~・・・
ん~坂出市には白峰寺と言い崇徳上皇のゆかりの地が沢山有る様ですねぇ~・・・

すだち
日曜日に叔父の見舞いの帰りに徳島イオンによって「すだち」を買って帰りました・・・
徳島なら地元でしょうから安いのかと思いきや、結構なお値段でした・・・
「すだち」とは徳島県特有の呼び方で、他では「かぼす」と呼ばれて居ます・・・
我が家ではカミさんが「すだち」と呼んでいますから「すだち」にしていますが・・・
サンマが出始めるとこの「すだち」が無いと美味しく感じません・・・
味噌汁には「すだち」の皮を擦って居れると風味がよく成りますし、焼酎にもしぼり汁を入れて飲んだりします・・・
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://garakutaphoto.blog.fc2.com/tb.php/1495-5b2ead78