我楽多写楽

写真道楽の我楽多が日常の徒然を書いてみます・・・

父の日・・・しょの1

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

外箱
娘から何やら送って来ました・・・
梱包を解きますとどうやらビールの様です・・・
それも私が好きなモルツです!!!
私は第3のビールや発泡酒は全くと言って良いほど飲みません・・・
私が好きなのはドイツのハイネケンなどの麦とホップだけで作った本物のビールです・・・
何故ドイツビールが好きなのかと言うと、ドイツにはビール純粋令と言う法律が有ってビールは水と麦芽とホップ以外使う事を禁止されているからなんです・・・
でも日本では色んな添加物が入って居て第3のビールに至ってはビール風のお酒でしか有りません・・・
ですから普段は専ら焼酎やウイスキー・ワインです・・・
焼酎やウイスキーは少し前から味が良く成りましたし、ワインはニューワールドから美味しいワインが安く輸入されて居ますからねぇ~・・・
清酒は少しは美味しく成りましたが、安い清酒はまだまだアルコール添加をしていて、米から醸造したアルコールだけでは無いのが残念です・・・
まぁ~吟醸酒などは醸造されたアルコールで出来て居ますが、とても庶民が気楽に口に出来るほど安価では有りません・・・

蓋を開けると
早速ふたを開けますと缶ビールと瓶ビールが8本ずつ入って居ます・・・
その上、何かパンフレットらしきものも・・・

パンフレット
パンフレットには「そのビールは醸造家の愛と情熱から生まれた」と書かれて居ました・・・
ホップと小麦と水だけで出来た本物のビールは大好きですねぇ~・・・

パンフレット02
もう1枚のパンフレットは、瓶ビールのパンフレットの様ですねぇ~・・・
どうやら瓶ビールはギフト限定の様なんですねぇ~・・・
「醸造家の夢」は深いコクと柔らかな苦み、ほのかな甘みとここち用香りが特徴らしい・・・
「無濾過」は丸みのある甘みと心地よい余韻が特徴の様ですねぇ~・・・

缶ビール1
缶ビールは「香るエール」と言う缶ビールが2本入って居ます・・・

缶ビール2
次の缶ビールは同じ「香るエール」ですが、限定醸造の「芳醇」らしい・・・
サントリーはウイスキー造りの為に大正時代に山崎蒸溜所を作ったが、此処は北に天王山を背負い、対岸の男山をはさんで桂川、宇治川、木津川が合流する場所で、天王山に広がる竹林の下からは良質な水が湧き出しているそうです・・・
利休はこの水を愛して茶を点てたそうで、矢張り飲み物は良い水に恵まれないと・・・
そんな水に拘るサントリーがビールの基本の水と麦芽とホップだけで作ったビールはさぞかし旨かろうと期待が膨らみます・・・
矢張りこのビールに合うのは美味いソーセージとザワークラウトなんでしょうかねぇ~???
スポンサーサイト

Comment

くぅ says... ""
良かったですね。
お幸せですね~=*^-^*=にこっ♪
2017.06.21 14:00 | URL | #Dv6DZoa6 [edit]
@我楽多 says... "Re: くぅさん・・・"
> 良かったですね。
> お幸せですね~=*^-^*=にこっ♪
まぁ~毎年の事ですからねぇ~・・・
しかし、今年は娘のプレゼントが私の好みとピタリ合ったのが幸いでした・・・
美味しいおつまみを作って美味しく頂きたいと思います・・・
2017.06.21 18:06 | URL | #kTvoSsVA [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://garakutaphoto.blog.fc2.com/tb.php/1458-20e431df