FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

04

レンズヒーター・・・しょの1

紅葉写真もまだ沢山有りますが、冬の星景写真の準備などをば書いてみたいと思います・・・
PROTAGE.jpg
そろそろ寒くなって空が澄んできましたので、夜空撮影の定番「レンズヒーター」を買おうと色々調べました・・・
レンズヒーターをアマゾンで調べてみますと、高い物だと「ビクセン」の9591円、安い物だと「PROTAGE カメラ レンズ 夜露 防止 ヒーター」が2380円と値段に相当な開きが有ります・・・
その上、アマゾンの欠点でカスタマーレビューの無い製品が多いので選択に困ります・・・
そこで実際に使って居る方のブログを探してみました・・・
そうすると皆さんは自作するか、ボトルウォーマーで代用するとか、「ヒーターのよこた」さん作成のレンズヒーターを使って居る方が殆どでした・・・
自作はヒーターなどの部品が販売されているので簡単ですが、ワット数や使用ヒーターの選別、巻き付けるバンドの材質の選択など制作以外で意外と面倒な事が有ります・・・
↑はボトルウォーマーを利用したレンズヒーターです・・・
でもボトルウォーマーとレンズヒーターの温度設定は同じ様なものなんでしょうか???
ちょっと疑問も有って注文するのが躊躇われました・・・
しかもヒーターの長さが相当長くてレンズの操作が全く出来なくなるのが気に成りました・・・
ピントリングは無限遠に固定すれば良いんですが、ズームリングはそうもいきません・・・
なので、ズームリングが操作できないので、安いんですがボツに成りました・・・
まぁ~ワット数も使用電流量も判りませんから、選び様が無かったと言う所が本当なんですが・・・
カスタマーレビューを見ても、矢張り長さで相当苦労して居るようです・・・
半分折ったりして使って居る様ですが、長さが長すぎるのも困る様ですねぇ~・・・
ボトルウォーマーを代用する方法も良いとは思いますが、発生熱量が平地なら十分だとは思いますが、冬の山間部では少し熱量不足が心配されます・・・
霜防止ヒーター
天体観測や星空撮影のベテランの方達のブログを拝見すると、多くの方が「ヒーターのよこた」さんのヒーターを使って居る様です・・・
一応Nikonのレンズを主に使うので、17-35主体に「ヒーターのよこた」さんに問い合わせると、Nikonの17-35㍉f2.8にはタイプ6MSPが良いと言う事でしたので注文しました・・・
矢張り「ヒーターのよこた」さんのレンズヒーターは、ご自分でも使われていて沢山の実績を積んでデータも豊富な点が安心でした・・・

ヒーター部とバンド
レンズヒーターは、ヒーター部と巻き付けるためのクロロプレーンに分かれて居ます・・・
白いコードに繋がっている黒いテープ状のものがヒーター部で、青いバンドがレンズに巻き付けるためのクロロプレーンです・・・

D800_201612231726458db.jpg
早速D800に付けて見ました・・・
レンズは予定していた17-35㍉f2.8です・・・
誂えた様にヒーターの長さもピッタリです!!!

E-M1.jpg
次にオリンパスにも付けて見ました・・・
此方もヒーターが3センチほど重なりますが、何とか装着できました・・・

E-M1前から
ヒーター部の重なりは直接重なるのではなく、クロロプレーンのバンドを挟んでいます・・・
此れなら何とかオリンパスでも使えそうですが、「ヒーターのよこた」さんに聞いてOKなら使う事にしましょうか・・・
もし駄目ならもう少し小さ目のレンズヒーターをもう一つ買う事にしましょうか・・・

小型モバイルバッテリー
レンズヒーターは、電池が無いと使えませんが、ガラケーをスマホに買い替えた時、ドコモショップで貰った2500mAhのモバイルバッテリーが有ります・・・
少し小さいかも知れませんが、ロケハンやテストなどはこれで十分でしょう・・・
充電はスマホの充電器で行います・・・

小型モバイルバッテリー02
タイプ6MSPは10000mAhで13.5時間持続するようですので、2500mAhの電池なら3時間半程は作動する計算です・・・
まぁ~これはあくまで計算上ですから、バッテリーの劣化や気温が低い所でのバッテリー能力低下などを考えても2時間ほどは使えるでしょう・・・
それでもバッテリー能力が低下する様なら電池に使い捨てカイロなどを巻き付けて、保温袋などに入れる必要が有りますねぇ~・・・
そういった保温袋は100均へ行けば何か有りそうですねぇ~・・・
まぁ~スキーや雪山で使って居るジッポの白ガスヒーターも有りますから、何とかなるでしょう・・・
星空等を写そうとすれば、周りに光が無い所へ行かないと写せませんから、必然的に山間部へ入る事に成って、夜間は相当気温が下がりますから防寒対策を十分考えておかないといけませんからねぇ~・・・
幾らド田舎と言えども平地で周りに光が無い所は、私は知りません・・・
矢張り星空の撮影は、撮影場所を探すのが難しそうです・・・
何ケ所か実際にロケハンして確認する以外には無さそうです・・・
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment