FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

14

軽キャンピング?カー見学・・・しょの1

岡モータース
高松市で唯一キャンピングカーを取り扱っている岡モータースがテレビで紹介されて、色々キャンピングカーを置いているそうなので見学に行ってきました・・・
テレビで紹介されたのは「遍路仕様」と言うタイプで、四国遍路をする人のために考えられたキャンピングカーです・・・
確かに今までにも札所で軽トラや軽バンを改造した手作りキャンピングカーや、普通車タイプのキャンピングカーを見た事が有りますから、結構需要は有るんでしょうねぇ~・・・
でも今までキャンピングカーを扱っているショップが香川には有りませんでしたから、車体はディラーで点検や修理が受けられますが、装備品や改造個所は県外のキャンピングカーショップまで行って点検や修理を受けないとダメでした・・・
まぁ~これがキャンピングカーの購入を戸惑っていた原因の大半でしょうねぇ~・・・
でもキャンピングカーを扱っているショップが出来たと言う事は、ここで全て点検や修理が出来ると言う訳です・・・
しかし、幾らキャンピングカーを扱っているからと言って、其処の企画したキャンピングカーが使い易いとは限りませんし、自分でキャンピングカーを作る際、良いアイデアが有ればパクらせて貰おうと見学に来た訳です・・・
キャンピングカーの場合、私は殆ど山に入りますからテレビは余り見ませんと言いますか、テレビの電波が来ていないところが殆どですし、幕営をしていた頃から考えると、使えない装備は必要ありません・・・
それに家の快適装備をそのまま自然の中に持ち出す様な贅沢はしたく有りませんし・・・
豪華な装備と言うのは重量が嵩みますから、車両重量が重くなり燃費や加速が悪くなりますので、山道を走ろうとすると途端に走りが悪くなります・・・
普通車タイプと違って軽キャンは自分が必要な装備を見極めて如何に軽量化するかが大切です・・・
ミニチュアクルーザー
此れがテレビで紹介されていた「遍路仕様」のミニュチュアクルーザーです・・・
ベース車はスズキのエブリーバンで、外観は軽キャンとは全く感じさせずエブリーバンそのままですねぇ~・・・
何故バンをベース車に選んだのかと言えば、軽商用車は自動車税が自家用で5000円なのに対して軽乗用車は自家用で10800円に成る為だそうです・・・
しかしホイルなどは積載が無くなっても元車両の規制がそのまま適用されて、JWTーTのホイルが必要との事でした・・・

ミニチュアクルーザー価格
この「遍路仕様」は、ノンターボのバンがベース車両で178万円だそうです・・・
しかし、此れ位の価格に抑えられて居るのには驚きです!!!
その為かどうか今年のグッドデザイン賞を受賞しているんですねぇ~・・・

遍路仕様車内
「遍路仕様」の車内は床のマットが畳のような模様のマットで、和風の雰囲気ですねぇ~・・・
後部左右に収納が有って、収納同士の上にテーブルが有ります・・・
この辺は、収納こそ有りませんが。「なんちゃって号」にレイアウトが良く似ています・・・

床下収納
床下収納です・・・
リヤシートは完全にフリップダウンせずに、後部床を嵩上げしてフラットな床を作り後席足元の空間を多くしています・・・
この画像は助手席側ですが、オプションの12V冷蔵庫が置かれていました・・・
パンク修理に必要なジャッキやホイルレンチ、その上フットライト?がここに付いて居ました・・・

床下収納03
運転席側から見た床下収納です・・・
こうして見ると結構な容積が有りますねぇ~・・・
チャイならこの中で十分寝られそうですが、甘えん坊のチャイは私の布団に潜り込みたがりますから無理かな???
奥に見えるのは冷蔵庫です・・・

掘りごたつ
後部ハッチを開けるとこんな具合に成って居ます・・・
テーブルにはヒーターが取り付けられてごたつに成るようです・・・
恐らくオプションでしょうねぇ~・・・

ヒーター部
ヒーター部の電源スイッチです・・・
矢張り電気ヒーターの様ですねぇ~・・・
しかし電気ヒーターは結構電気を食いますから、どれだけ大きいバッテリーを積んでいるんでしょうねぇ~???
まぁ~シンクや水関係が無いだけ安いんでしょうが、こんな電気ヒーターで一晩の暖房はきついと思いますが・・・
我が家のホームこたつでも800W~150Wですから、100Ahのディープサイクルバッテリーでも6時間ほどしか持たない様な気がします・・・
ならば寝始めしか使わない考えでしょうか???
でも夜は照明も使いますし、夏は扇風機を掛けたくなりますし、結構エネルギーが必要だと思いますが・・・
キャンピングカー、特に軽キャンは容積や重量に制限が有りますから、エネルギー関係は時にきつい様に感じます・・・
車載出来るリチウムイオンバッテリーが発売されたら、もう少しエネルギー関係は楽になると思いますが・・・
まぁ~軽四バンのハイブリッド車が出てくれば軽キャンも全く違ったものに成るでしょうねぇ~・・・
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment