FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

30

HX60V開封の儀(笑・・・しょの1

中身
HX60Vの開封の儀の続きです・・・(笑
取説などの下はこんな感じで本体と付属品が入って居ます・・・
発泡スチロールなどのクッション材では無く、古紙を成形したケースに入って居ました・・・
ん~こう言う所はエコを意識したんでしょうか???
本体は少々クッション性が有る紙?みたいな袋に入って居ました・・・
充電器や電池などはビニール袋に入って居ましたが・・・
ストラップや接続ケーブルなどは、このケースの底にビニール袋などには入って居なくて剥き出しで入って居ました・・・
少し見えている黒いコードのような物がストラップです・・・
意外と包装はシンプルですねぇ~・・・
しかし他のメーカーのカメラ包装からすれば結構チープな感じさえしますねぇ~・・・
何だかおニューのカメラを開封すると言うドキドキ感は全くありません・・・
この辺は、SONYのカメラに対する割り切りみたいなものを感じますねぇ~・・・
機能さえ満たしていれば見かけはどうでも良いと言う米国的コンセプトでしょうか???
それともエコを前面に押し出して環境に配慮しています的なコンセプトでしょうか???
付属品
カメラの付属品は此れだけです・・・
カメラの充電は電池を充電するのではなく、カメラと充電器を接続して電池を充電する方式の様です・・・
これでは電池をもう1個買って、電池が切れたら充電済の電池と交換して、切れた電池は充電しながら使うと言う使い方は出来ませんねぇ~・・・
反対にUSB充電が使えますから、スマホの充電器も使えますねぇ~・・・
しかしUSB充電は大体1A位でしか充電しませんから、電池の充電には時間が掛かりそうです・・・

本体
これがHX60Vの本体です・・・
色は黒しか選べません・・・
2年前の発売で、昨年には後継のHX90Vが発売されていますから、結構格安に成って居ます・・・
今回は下取りやらポイント還元などでHX90Vの約1/3、HX60Vの最安価格の約1/2で買うことができました・・・
早速電池を本体に入れて充電します・・・

マルチUSB
充電は本体の右側に有るマルチジャックで行います・・・
この蓋の下に有るミニUSBジャックに充電器からのケーブルを差し込みます・・・

充電ジャック
マルチジャックの蓋を開けるとミニUSBのジャックが顔を出します・・・
ミニUSBですから、モバイルバッテリーやスマホ等の充電機なども使えそうですし、ケーブルでパソコンに繋いで充電しながら画像をやり取りしたり出来ます・・・
矢張り規格品のジャックは色々使い回しが出来ますから良いですねぇ~・・・
レリーズスイッチなども此のジャックに刺して使う様です・・・

充電
デジカメは電気で動きますから、電池を充電しないと何もできません・・・
なのでまずは電池の充電です・・・
しかしこの状態で充電すると結構場所を取りますねぇ~・・・
矢張り壁のコンセントに刺して、電池だけを充電できる充電器が場所を取りません・・・
此処は互換充電器と互換電池を探して購入した方が良さそうですねぇ~・・・
SONYもこの辺は考えて貰いたいところですねぇ・・・
ウサギ小屋の様な我が家では、こんな充電を出来るほど広くは有りませんから、場所を取るのは困ってしまいます・・・
何ともカメラと接続して充電をすると言う方式は初めてです・・・
今まで買ったデジカメは全て電池自体を充電できる充電器でしたからねぇ~・・・
SONYのデジカメは全てこんな感じなんでしょうかねぇ~・・・???
だとすれば随分と不便なデジカメですねぇ~・・・
折角安く買えたと喜んでいたら、充電器やバッテリーなどで余分な費用が掛かりそうです・・・
でも旅行などではスマホとHX60Vの両方の充電器を持たなくても良いのは助かりますねぇ~・・・
と言っても充電器が共用できるかどうかは自己責任でお願いします・・・
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment