FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

26

マウントアダプター・・・しょの5

300ミリf4・5
昔使って居た300ミリF4.5です・・・
このレンズは、私がダルマ夕日を撮りたいと思いボーナスや毎月のお小遣いをコツコツと貯めてやっと買ったレンズです・・・
鳥を撮る人たちは100万円以上する300ミリF2.8を買って居ましたが、私にはそんな買い物は無理でした・・・
まぁ~お陰で鳥を撮る事は出来ませんので、高価な機材を買い揃える事は有りませんでしたが・・・
鳥を撮るのを諦めた訳ですが、ダルマ夕日は1年の内ほんの2~3か月しか出て来ませんし、天候の具合で撮る事が出来ない日も有りますから、撮影チャンスは1月に数回しか有りません・・・
夕日は結構明るいのでF4.5有れば十分でしたが、何分にも焦点距離が足りませんでしたので、トリミングで凌いで居ました・・・
このレンズで夕日撮影の時のゴーストの隠し方を練習出来た懐かしいレンズです・・・
勿論フレアも結構出ますから、ハレ切りの仕方もこのレンズで練習できました・・・
しかし、このレンズを手放せなかったのはF5やF100が有っただけでは無くて・・・
300ミリf4・5テレコン
レンズの下に有るのは、このレンズ専用の2Xテレコンです・・・
これで明るさは2段落ちのF9位に成りますが焦点距離が2倍に成ります・・・

300ミリf4・5テレコン02
2Xテレコンを付けると結構長くなりますねぇ~・・・
これで600ミリですから、E-M1に付けると1200ミリ相当に成っちゃいます!!!
超望遠レンズの出来上がりですねぇ~・・・
レンズが暗いのはデジなのでISOを上げて対応できますから、結構使い勝手が良いレンズに成りますねぇ~・・・
只この状態でE-M1に付けると三脚座が丁度重心位置近くに成るためか振動が中々収まって呉れません・・・

600ミリF4・5
取り敢えず600ミリF4.5で撮った画像が↑の画像です・・・
写真を撮った位置は前回と全く同じ所からで管制塔を狙いました・・・

600ミリF4・5-03
同じくタキシング中の機体を600ミリの流し撮りモードで撮ってみましたが、余り通常撮影と差は感じません・・・
AFレンズならずっとピントを合わせ続けて居るんですが、MFレンズではそれが出来ませんから差が出なかったんでしょうねぇ~・・・

1200ミリF8
2Xテレコンを付けてからE-M1に付ると600ミリが1200ミリになっちゃいました・・・
流石に管制塔の管制室のアップが撮れましたが、ミラーガラスの為か中は良く判りません・・・
ピントは管制塔のテラス?の手摺りに合わせましたが、シャッター速度を上げる為にISOを800にしても絞り開放に成りましたから、流石に被写界深度が浅く成って居ますねぇ~・・・
しかし、古いレンズがこういう風に復活出来るとは思いもしませんでした・・・
F5やF100でさえ、OVFの焦点版に液晶を挟んでいるために、ピントの山が良く判らなくなりF2の方がピントの山が掴みやすく感じました・・・
なのでF5やF100では、被写体を狙ってピントを合わせるドキドキ感が無く成ってAFレンズを主に使って居ましたが、希に星などを撮る時に明るいMF単焦点を使う程度でした・・・
これらの古いMFレンズは主にF90Xsで使って居ました・・・
F90Xsはファインダーが良くてピントの山がF2並みに掴みやすいカメラです・・・
プロの方が使って居てファインダーの良さを絶賛していたカメラです・・・
でもE-M1にはフォーカスピーキングやMF拡大アシストが有りますから、EVFでのMFが格段に使いやすくなりました・・・
ましてやボディ内5軸手振れ防止が有るので、昔のMFレンズが生き返った様な感じです・・・
これからはEVFに色んな機能が組み込まれて、ボディにも手振れ防止が組み込まれたカメラだと益々古いレンズだろうが使い易い様に成るんでしょうねぇ~・・・
これだけ小型のボディで古いMFレンズだろうが精細な画像が撮れたら最高でしょうねぇ~・・・
ん~なんだかE-M1は将来どんなカメラに成るのか楽しみに成って来ますねぇ~・・・
是非正常進化して貰いたいものです・・・
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment