FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

19

剣岳点の記・・・

表紙
6ワンダーフリーで無料鑑賞券を貰ったので「剣岳点の記」を見てきました・・・
山岳部だった学生時代には新田次郎の全著書を読みあさったものです・・・(全部文庫本でしたが・・・
剣岳は学生時代に馬場島→早月尾根から登りました・・・
単にお金がなかったのでお金が掛かる室堂からは登れなかっただけなんですが・・・
社会人になったら室堂乗越から登ってやろうと思っていましたが、果たしていません・・・
いつかはあの室堂ホテルに泊まって写真を撮ろうと思って居ますが・・・
柴崎と宇治
主人公の柴崎と宇治です・・・
当時はあんな装備で遭難もせずに厳しい測量が出来た物だと関心もしましたが、考えてみると学生当時は帆布のキスリングや大きなホエーブス、重いミード型テントなどがナイロンのアタックザックや小型軽量のガスストーブ、ドームテントなどになって装備も小型軽量になって登山も楽になったものです・・・
服装も撥水加工のズボンや羽毛服、速乾性で防臭・滅菌加工の下着、透湿加工のカッパなどで相当快適に登山が出来、一昔前とは登山の荷物が一回りも二周りも小さく軽く成りました・・・

仙人池
幕営した仙人平など懐かしい景色も見られて感激でした・・・
映画では仙人池からの剣岳が出てきて、また夕焼けが綺麗で感動的でした・・・
しかし此処から剣岳を見た時、あの山が登れるのかという武者震いとも恐怖とも付かない感情を思い出しました・・・

剣岳頂上
剣岳登頂を果たした柴崎達の一行です・・・
登山では山頂に立つのが目的ですが、写真を始めた私にはもう山頂に立つ事はまれになりました・・・
この映画は前編が現地ロケという事でその素晴らしい景色を見る事が出来ます・・・
この山に登った事がある方は、絶対に見たいと思う事請け合いです・・・

先日トムラウシ山では18人の大量遭難があり8人死亡という惨事が発生したばかりです・・・
装備が良くなっても判断が悪いと遭難につながります・・・
また北海道の山は幌尻岳しか経験がありませんが、登山道が整備されてなく沢を詰めて登りました・・・
北海道の山は標高が低い山でも結構気象条件が厳しく、+1000m位に考えて丁度とか・・・
遭難死された方のご冥福をお祈りします・・・

しかし、最近は山で若い人が少なくお年寄りばかり見るようになりました・・・
スポンサーサイト



6Comments

ウナム  

剱岳は僕も見てきました。
登ったときの記憶が蘇りました。
荷物の大きさとか、草を掻き分けて登る姿とか、信仰で協力が得れないとか
当時のことがすごくよくわかって面白かったです。
スクリーンででっかく見るべき映画ですね。

2009/07/21 (Tue) 22:53 | EDIT | REPLY |   

hinmi  

こんばんは。

この映画は最近では観たい映画No.1です。
地方では今週か来週くらいには観ないと、上映が無くなりそうで心配ですがw

2009/07/22 (Wed) 00:46 | EDIT | REPLY |   

我楽多  

Re:hinmiさん・・・

> この映画は最近では観たい映画No.1です。
新田次郎フアンor登山愛好家、クラシックファンなら是非にお勧めしたい映画です・・・
地図はこんな地味な作業の積み重ねで出来るのかとか、昔はあんな装備で山に入って、あんな生活をしていたのかとか、片や仕事で片やスポーツとして未踏峰への登攀を争う競争・・・
そこを彩る剣岳の自然と美しいクラシックの調べが調和して素晴らしいハーモニーを醸し出しています・・・

> 地方では今週か来週くらいには観ないと、上映が無くなりそうで心配ですがw
此方もド田舎ですが、封切り日に上映開始されていましたが・・・
ワーナ-マイカルがあるおかげかな???
次の狙い目は「アマルフィ」です・・・
サラ・ブライトマンの歌声とサスペンスと美しい背景が「剣岳点の記」と重なるものがあります・・・

2009/07/22 (Wed) 06:55 | EDIT | REPLY |   

我楽多  

Re:ウナムさん・・・

> 登ったときの記憶が蘇りました。
そうですね!ウナムさんも室堂へ行かれたんですねぇ~・・・
室堂乗越辺りまで行かれたんですか、そうでないと剣岳は見えないと思いますし・・・
早月尾根からの剣岳は中一日幕営しないと辿り着けませんから、室堂から登るより相当しんどい思いをしました・・・
その分荒らされていない自然が豊富なのも魅力ですが・・・

> 荷物の大きさとか、草を掻き分けて登る姿とか、信仰で協力が得れないとか
> 当時のことがすごくよくわかって面白かったです。
> スクリーンででっかく見るべき映画ですね。
やはり物語の進行と剣岳の美しい自然、流れるクラシックの調べのハーモニーを楽しむべき映画でしょうねぇ~・・・

山は写真に撮ると高さやそのスケール感を出すのが難しい被写体ですが、山の見せ方も見所かと・・・
剣岳独特の岩壁や渓谷、雲海など見せ方は流石です・・・

2009/07/22 (Wed) 07:06 | EDIT | REPLY |   

hinmi  

こんばんは!

あらら!?

我楽多さんのところで、「劔岳 点の記」でのエントリーはまったく記憶になかったのですが、実際にコメント入れてますね、自分w
(_△_;ガァーーーン!!

いやぁ、しかし、昔の人は草鞋だとか防寒着がミノだったりする所が、スゴイですよね。

2009/08/04 (Tue) 23:18 | EDIT | REPLY |   

我楽多  

Re:hinmiさん・・・

> 我楽多さんのところで、「劔岳 点の記」でのエントリーはまったく記憶になかったのですが、実際にコメント入れてますね、自分w
> (_△_;ガァーーーン!!
んです!

> いやぁ、しかし、昔の人は草鞋だとか防寒着がミノだったりする所が、スゴイですよね。
確かに凄いと思います・・・
しかも和服だったり、テントも帆布製ですから濡れると重くなって・・・
私が登山を始めた頃は登山靴はナーゲルという鋲付き革靴で、キャラバンシューズなる軽量の登山靴を使うのは邪道と言われました・・・
まぁ~実際残雪が残るような山に行き始めてその意味がわかりましたが・・・
蓑は本来雨具で防寒衣にも使える優れものです、通気性があって蒸れないのは良いのですが、嵩張るのが最大の欠点です・・・
しかし映画を見ると昔登山をしていた装備や工夫が良く判って面白い!!!

2009/08/05 (Wed) 07:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment