FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

29

次期FX機導入!!!・・・しょの4

9~18mm F4,0-5,6到着
さてさて・・・
私がデジ一デビューしたお祝いと父の日のプレゼントとして、カミさんと息子がプレゼントしてくれたM.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6が到着しました・・・
PROレンズでもPREMIUMレンズでも有りませんが、とりあえず安い広角ズームか広角単焦点レンズが欲しかったので色々探してみましたが、PROレンズには広角はフィッシュアイしか有りませんしM.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PROには予算的に厳しいので手が出ません・・・
PREMIUMレンズには12ミリ(35ミリ換算24ミリ)から長い焦点距離のレンズばかりでした・・・
パナ7-14mmだと1.5倍ほどに価格がアップしますし、M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PROは倍に成っちゃいます・・・
とりあえずファインディテール処理をしてくれるズイコーレンズにしたかったので M.ZUIKOレンズから9-18mm F4.0-5.6を選びました・・・
ノーパソで色々検索していると、息子がカミさんとが相談してプレゼントしてくれる事に成りました・・・
何しろこのレンズは、希望価格61000円強ですがアマゾンでは50000円を切って売られています・・・
実売価格はM.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PROの半額以下です・・・
その上、一度開封しただけの中古品扱いをゲットできましたので、さらに安く成りました・・・
でもスタンダードのM.ZUIKOレンズと言ってもデジタル専用設計ですから悪かろうはずは有りません・・・
ネットで実写の画像を見ても、広角の欠点となる画面端の像の流れやボケも無いようですし・・・
まぁ~歪曲収差は多少有るようですが、意識して見ないと判らないレベルだと思いますので値段相応ということで妥協しないと・・・
後でM.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PROを買ったとしても、フィルターワークが必要になれば 9-18mm F4.0-5.6も出番が有りますから無駄には成らないと思います・・・
プレゼントしてくれたカミさんと息子に感謝です!!!
まぁ~探したのは私なんですが・・・
フードLH55C
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6には LH-55Bが正規のレンズフードなんですが、逆さ付けするとくるくる回ってしまうそうなので、花形のLH-55Cが逆さ付け出来て回ら無いそうなのでLH-55Cの中古品を見つけてゲットしました・・・
これは私のお小遣いでゲットした物ですが、中古品と言っても一度開封しただけなので新品同様です・・・

広角フード
LH-55Cのフードです・・・
このフードはM.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ用なんですが、レンズ口径や取り付け方法等が同じなので9-18mm F4.0-5.6にも取り付けできます・・・
何枚か広角端で撮ってみましたが、画面端が蹴られる事も無いようです・・・
中古ですが新品同様です・・・

9~18mm F4,0~5,6
9-18mm F4.0-5.6は一度開封しただけと言うだけあって新品同様です・・・
これに手持ちのPLフィルターを付けてLH-55Cを逆さ付けしました・・・
M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PROだと前玉が飛び出していますから、フィルターが付けられません・・・

9~18mm F4,0~5,6 02
LH-55Cを正規に付けるとこうなります・・・
少々外径が大きくなりますからPLフィルターを付けても操作には支障がありません・・・
正規のLH-55Bだと上下の幅が少なくなりますからPLフィルターを操作するには窮屈になります・・・

9~18mm F4,0~5,6沈胴状態
9-18mm F4.0-5.6をボディに付けるとこんな具合で、結構コンパクトに収まります・・・
でも、このレンズ・・・

9~18mm F4,0~5,6沈胴ボタン
ズームリングを回して撮影状態にするとこんなに伸びちゃいます・・・(驚
恐らくコンパクトなレンズだと思い注文して一度開封したものの、これだけ伸びちゃうのにびっくりして返品したのかもしれませんねぇ~・・・(笑
このままズームリングを回しても元の状態には戻りません・・・
元のコンパクトな状態に戻すにはズームリングに付いているスライドボタンをスライドさせてズームリングを回すとレンズが沈胴してコンパクトな状態になります・・・
これはなかなか便利です!!!
持ち運ぶときはコンパクトで、撮影時だけ伸びると言うのは、何だかライカLレンズを思い起こさせて呉れます・・・
ん~なんだかライカⅢfが手元に帰った気分ですねぇ~・・・
でも、出来れば電源を入れたら沈胴状態から撮影状態に成って呉れれば最高なんですが・・・
まぁ~スタンダードレンズで、コストをカットしているレンズですから、敢えて手動にしてトラブルとコストアップを避けて居るんでしょうねぇ~・・・
他にもM.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8が2万1,500円前後とか、M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8が3万3,300円前後とか、M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8が2万6,100円前後とか気に成るレンズを見つけてしまいました・・・
結構明るいのに価格が安くて使いやすい焦点距離が揃って居ます・・・
まぁ~これくらいの価格なら何とかお小遣いをやり繰りすれば買えない事も有りませんねぇ~・・・
マイクロフォーサーズは、お財布にも優しいようです・・・
PROレンズのように写りが良くて高価なレンズから、こう言った安いスタンダードレンズまで揃って居るのが、オリンパスなどのマイクロフォーサーズの長所でしょうねぇ~・・・
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment