FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

04

瀬戸芸「人工土地編」・・・しょの2

看板
此の人工土地の一角は、まるで昭和時代がそのまま残っているようなレトロ感がありますねぇ~・・・
建てられた当時は、時代の最先端の建築だった訳ですが、今では老巧化して入居している店舗も余り改装をして居ない性でしょうか???
一軒一軒の店舗が小さくて、小さな居酒屋が集まっている何処かの路地裏の様ですねぇ~・・・
そんな雰囲気が昭和時代を思わせられるのか?昼でも暗い狭い路地がそう思わせるのかは判りませんが・・・
狭い路地を辿って、倉石さんの展示の次にやって来たのは、元「夕子」と言うカラオケ居酒屋だった「福岡寛之」さんの展示です・・・
千葉尚美さんの展示でも、元居酒屋のイメージを生かしてお品書きなどを展示して居ましたが、此方もカラオケ居酒屋を選んだのには何か訳が有りそうですねぇ~・・・
どう言う仕掛けが待っているのか、少しドキドキワクワクしますねぇ~・・・
でも余り期待しちゃうと、中を見てガッカリする事もありますから、余り期待しないほうが良いのかな???
映像
中に入りますと、中は暗くてブロックの壁に人工土地の映像が投影されています・・・
ん~此処は人工土地ですが、その一角であることを更に意識させる為なんでしょうか???
この映像の意味が良く判りません・・・

ロケットエンジンのスピーカー?
店舗の奥には大きなラッパみたいな物が有って、何か音楽見たいな曲が小さく流れています・・・
ん~此のラッパみたいな物は一体何なんでしょうねぇ~???
スピーカーなら此処までノズルコーンを大きくするのは低音用なら判りますが、少し長すぎますし流れている曲は中高音が主体のようで、必要性は感じられませんが・・・

新聞切り抜き
ラッパみたいな物はどうやらロケットエンジンのノズル部分を模して作られている様ですねぇ~・・・
で、人工土地は空に浮かぶ予定だった・・・???見たいな記事を作成しています・・・
矢張り倉石さんの展示もそうでしたが、人工土地は天空の町と言う設定なんでしょうか???

ロケットスピーカー説明
ロケットエンジンの発見当時?の設定を新聞記事風に説明して居ますが、矢張りカラオケ屋さんを選んだのは、こう言う設定の為なんですねぇ~・・・
矢張りノズルは低音用のコーンとして使われていたと言う設定に成っています・・・
こう言う発想は、「人工土地」と言う名前と「軍艦島」や「ラピュタ」を合わせて発想したんでしょうか???
でも子供の頃、未来都市の絵を描く時に空に浮かぶ町を描いた記憶が有りますが・・・
そんな無邪気な発想なんでしょうか???
しかしロケットエンジンは殆ど無くてノズルばかり目立つ展示ですねぇ~・・・
本来は結構大きなロケットエンジン部が有ると実感が湧きますが、ノズルばかり大きく作って展示して居ますからロケットエンジンと言うのが判りにくかった気がします・・・
結構本物のロケットエンジンの展示は有るんですが、ロケットエンジンの張りぼてを作るのも難しかったんでしょうか???
まぁ~其処までリアリティを求めて居ないんでしょうか???
しかし、人工土地を空に浮かべるのにロケットエンジンですかlぁ~・・・
ロケットエンジンなら燃料が凄い事に成りますねぇ~・・・
「ラピュタ」の様に「飛行石」とか「反重力装置」とか言う発想は無かったんでしょうか???
人工土地を作ったのは随分昔だから、その頃のテクノロジーを使ったんでしょうかねぇ~・・・???
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment