FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

22

定例のレンズ清掃日・・・しょの4

Lマウントカメラ清掃
Lマウントのカメラ達も清掃します・・・
矢張りF2同様クロームメッキですので手袋をして清掃します・・・
ライカの方は結構狭い所が有りますから、爪楊枝にクリーニングティッシュを巻き付けて清掃します・・・
キャノンPの方はそんなに凸凹していないし、ファインダーも大きいので清掃作業は楽ですねぇ~・・・
ライカの方はファインダーが小さいので矢張り爪楊枝にクリーニングティッシュを巻き付けて清掃しないと綺麗に清掃できません・・・
勿論カメラに付いているレンズも清掃します・・・
ついでに各速度でシャッターを切ってシャッター速度が変わるのを確認しておきました・・・
キャノンPも殆ど使いませんから、そろそろドナドナした方がカメラにとって幸せなんでしょうが、一番最初に買ったカメラなので中々断・捨・離出来ません・・・
売ったところで二束三文でしょうが、思い出として手元に置くと断・捨・離には成りませんし・・・
キャノンPは結構生産台数も多かった様ですから、保存する価値は少ないのかも知れません・・・
昔はカメラも高価でしたから、庶民が買えるポピュラーなカメラと言う事でキャノンPと名付けられたそうですが、正にその通りに私がアルバイトをしてやっと買えたカメラなんです・・・
レンズもアルバイトで50ミリに加え35ミリを買のが精一杯でした・・・
当時は露出計なんて高価で買えませんから、フイルムの箱に書かれた露出表で露出を割り出していました・・・
ライカ同様、電気仕掛けが無かったので、これだけ長く使えたんでしょうねぇ~・・・
こんな事を思いながらカメラを掃除していると、今はカメラも相対的に安くなって性能が良くなって手に入りやすく成り、誰が写しても綺麗な写真が撮れる様に成りましたねぇ~・・・
しかし、今のカメラは進化が激しくドンドン旧型になって、長く使うって言うことは余りしなく成りました・・・
その為か、手に馴染む事無く新しいカメラを手にする事に成ります・・・
これは幸せなんでしょうか???不幸なんでしょうか???
Lマウントレンズ
ついでにLマウントレンズ達も清掃します・・・
オールドレンズは硝材が柔らかくてコーティングをしているレンズも少ないので、傷つきやすいので清掃には細心の注意が必要です・・・
なので出来るだけレンズ清掃は最小限にします・・・
ヘクター135ミリはヘリコイド回転に少しムラが有りますからオーバーホールの見積もりに出しました・・・
残りはセレナー50ミリや35ミリ、エルマー50ミリと90ミリ、ズマロン35ミリ、FEDの偽エルマー50ミリやフォクトレンダー28ミリなどです・・・

Lマウントネジ清掃
Lマウントのレンズスクリュー部は結構汚れますので爪楊枝で擦って清掃します・・・
清掃後は爪楊枝にクリーニングティッシュを巻き付けたもので仕上げ清掃します・・・

マウント基部清掃02
Lマウントのスクリュー部清掃が終われば、スクリュー部の周囲基部も清掃します・・・
麺棒にクリーニング液を付けてゴシゴシ擦って清掃します・・・
此処も結構汚れて居ますから麺棒の清掃が終わればクリーニングティッシュで綺麗にしておきます・・・

マウント基部清掃
マウント基部が綺麗になったら最後にはクリーニングクロスで仕上げ拭きしておきます・・・
最後にはCRCを少量麺棒に付けてスクリューマウント部に塗っておきます・・・
清掃後
Lマウントのスクリュー部やマウント基部を清掃した爪楊枝や麺棒は、結構汚れているのが判ります・・・
Lマウントのレンズは月に1度くらいしか使いませんから、結構汚れやすいのかもしれません・・・
しかし、レンズもライカや国産のセレナーなどは清掃すると綺麗に成りますが、偽エルマーやFEDレンズなどは清掃しても余り綺麗にはなりませんし、沈胴部やヘリコイドなどの作動は余りスムーズに成りませんねぇ~・・・
矢張り工作精度とか材料が違っているのが原因かもしれませんが、エルマーと偽エルマーを比べると矢張りFEDの偽エルマーは雑な精度が良く判ります・・・
しかし、50年以上前のレンズがまだまだ使えるって言うのも驚きですねぇ~・・・
しかも写した写真は、今のレンズでは出せないような良い味といいますか、柔らかく良い雰囲気の描写をします・・・
多分コントラストが低い描写の性かも知れません・・・
光の具合によっては被写体の周りにフレアーが出て思わぬ効果を出す事も有ります・・・
オールドレンズと言えども侮れないレンズが多いのには驚かされます・・・
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment