FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

19

定例のレンズ清掃日・・・しょの3

ニコンボディ
カメラの清掃日も2日目に入りました・・・
カメラやレンズが沢山有りますし、念入りに掃除していると直ぐに時間が経っちゃいますねぇ~・・・
さて今度は、ニコンのボディ&レンズの清掃です・・・
使う度にボディ回りやレンズ外装等は清掃して居ますが、念入りにはしていないので、こう言う機会にキッチリと清掃しておきます・・・
昔のカメラみたいにクローム部が無いのでメッキ部が痛んだりとかはしませんが、外装がエンプラになって手入れが疎かに成って居る様な気がします・・・
でも、外装がエンプラに成っても手垢が付かない事は有りませんから、矢張り手入れが必要です・・・
各種のボタンの周りとか、普段手が入り難い隙間や狭い場所をブラシで集中的に清掃します・・・
ボディのパネルの結合部の隙間等やボタン周囲等は爪楊枝で埃等を掻き出します・・・
場合によってはクリーニングティッシュを爪楊枝に巻き付けて清掃します・・・
大まかにはクリーニングクロスで拭く前にブラシ清掃をしておきます・・・
ブラシ清掃が終われば、ブロアを吹いてクリーニングクロスの出番に成ります・・・
レンズマウント部
1眼レフのボディ清掃で一番肝心なのがこのレンズマウント部の清掃です・・・
此処は狭いので手が入りにくく目が届き難い所なんですが、レンズ交換時に下手をすれば、此処に付いた埃がボディ内部に入ってしまいます・・・
此処は埃も貯まり易いので一番清掃しておく必要が有る所です・・・

マウント部清掃
ブラシでレンズマウント部周囲を丁寧に清掃します・・・
ボディ側とレンズ側の広い範囲をブラシで清掃しておきます・・・
ブラシ清掃が終わればブロアで残った埃を吹き飛ばしておきます・・・
レンズも同じ様に点検清掃しておきます・・・

645ボディ&レンズ
ニコンのボディと同様にペンタックス645Nのボディ2台も清掃します・・・
清掃ポイントはニコンも同じですから省きますが、追加すればファインダーの覗き窓もニコンも同様ですが、レンズ同様清掃しておきます・・・
これ等のボディは、保管する時には電池を全て抜いておきます・・・
そうしないと電池の液漏れが心配ですので、電池は別に密閉容器に仕舞って置きます・・・

ニコンF2清掃
折角ですからこの機会にニコンF2ボディも清掃します・・・
クロームメッキのボディですので手の汗がボディに残らないよう手袋をして清掃します・・・
主な清掃ポイントは、レンズマウント周辺、ファインダー覗き窓、クロームメッキ部等など他の1眼レフと一緒ですので省略します・・・
クロームメッキ部分は、清掃後に良く見て汚れやメッキの曇りが無いか良く確認して置きます・・・
メッキ部分は曇ったりすると後で手入れをしても中々元には戻りませんし・・・
月に1回はシャッターを切ったりレンズを付けて絞りを換えたりしてシャッターを切っていますから作動部の点検も完調の様です・・・
セルフタイマーも作動確認しておきました・・・
電池を入れて露出計の作動状況やファインダー内照明の点灯なども確認しました・・・

子供の写真
F2も殆ど使って居ないので、そろそろ手放して新しいオーナーさんの所で使ってもらったほうがカメラとしては嬉しいんでしょうが、若い頃、少ない給料から月賦で買った苦労を思うと中々手放せません・・・
F2で子供を写して、フイルムを現像して、自宅の押入れを改造した暗室で印画紙に焼いたものは今でも茶の間に飾って有ります・・・
真夏の熱帯夜でも締め切って風も通らない狭い暗室内でパンツ一つになって、夢中で焼付作業をしていたのを思い出させてくれます・・・
お小遣いが少ないので、DPEをカメラ屋さんに頼めませんし、印画紙や現像に使う薬品代なども有りますから、すべて自分でしないとお金が足りません・・・
この頃はお小遣いの殆どがカメラ関係で消えていましたから、タバコを吸うなんて言う贅沢は出来ませんでした・・・
ましてや被写体は身近な子供やカミさんなどで済ませていました・・・
今の様に写真を写すのにあちらこちら遠征をするなんて出来ませんでした・・・
まぁ~子供が小さいので、休みの日は子守とか子供と遊ぶとかしないとカミさんが疲れ果ててしまうでしょうし・・・
そんなお陰か、四つ切りに焼いていた子供のモノクロ写真は今でも色あせずに残っています・・・
この頃は、最低でも四つ切りで無いとコンテストなどには出せませんでした・・・
四つ切りまでは引き伸ばし機を一杯上げてると焼けましたが、それ以上は引き伸ばし機のテーブル上では焼けず、床の上に印画紙を置いてテーブルの上から投影して引き伸ばしていました・・・
貧乏でしたが、楽しくて充実していた時代でしたねぇ~・・・
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment