FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

30

デジスコ試写・・・しょの2

記事がたて混んでいて、すっかりデジスコの記事を載せるのを忘れていました・・・m(_ _)m
このデジスコの記事で今年はブログ更新を仕舞いたいと思います・・・
今年一年ご覧頂き有難うございました!!! 
D800にデジスコ
お借りしてきたニコンD800にデジスコを取り付けてみました・・・
一番短い570ミリにしても結構な長さが有ります・・・
レンズ単体ではそれ程思わなかった長さが結構気に成りますねぇ~・・・
こりゃぁ~現場に着いてからカメラにレンズを取り付けないと取り回しに気を使いそうです・・・
でもまぁ~野鳥などを撮っている人は300ミリや500ミリのどでかい大砲みたいなレンズを付けたカメラを当たり前のように肩から下げて居ますから、慣れなんでしょうねぇ~・・・
私は主に広角ばかり使っていましたから、この長さには一寸戸惑ってしまいます・・・
でも持った感じでは変な重心の偏りも無くカメラに付けても結構持ちやすいレンズだと思います・・・
まあ~レンズの口径も小さくて暗いレンズですから軽いのは当たり前ですが、それでも軽いと機動力が上がりますから助かりますねぇ~・・・
後はどれだけ使いやすくて解像度が有るかでしょうねぇ~・・・
570ミリ02
で、2階のベランダへ上がって近くの池を写して見ました・・・
最初は570ミリでの試写で、三脚に固定してライブビューで一部拡大してピントを詰めて見ました・・・
結構お日様が出ていましたから、ピント合わせは楽に出来ましたが、これが曇っていたりするとどうなんでしょう???

570ミリ
同じく570ミリでご近所を写して見ました・・・
撮影条件は同じですが、少し陰って来ましたから、暗めに写っています・・・
へんな歪みも無い様ですねぇ~・・・
安物のレンズの割には結構解像度も良いようです・・・
まぁ~逆光やサイドライトなどの厳しい条件で無ければ使えそうです・・・

1000ミリ02
次に1000ミリにして撮って見ました・・・
↑と同じ池のほとりにあるミカンの木を狙ってみました・・・
同じくライブビューでのピント合わせです・・・
超望遠ではミラー切れで上部が蹴られると説明書に書いて有りましたが、その通りに蹴られが出ています・・・
結構ミカンの木の葉っぱも解像されている様ですし、背後の枯れ草もボケに入っている割には解像されている感じがします・・・

1000ミリ
同じくご近所さんを撮ってみましたが、風が強くなって少しブレてしまっています・・・m(_ _)m
ライブビューではピントが出ていたんですが・・・(汗
カメラは返してしまいましたから、撮り直しは効きませんし・・・
どうもレンズとカメラの合成重心点が丁度レンズの三脚台座付近に有る様で、その為少し風が強く成るとブレ易く成るようです・・・
矢張りカメラとレンズの合成重心点は三脚台座より外れていた方が風でのブレには強いようです・・・
その上、矢張り画面上部に蹴られが出ています・・・
まぁ~お天気が良くてピントが判りやすい時だと良い絵が出てきますが、曇ってくるとピントのピークが判りにくく、風が出てくると相当大きな三脚で無いとブレてしまいますねぇ~・・・
まぁ~1000ミリですから三脚自体も大きい三脚で無いとどうしてもブレは出て来ますねぇ~・・・
オマケに画像上部が蹴られますからトリミング前提で撮る必要も有りますねぇ~・・・
未だ実際の撮影に使っていませんから、本当の結論は未だ出ないかも知れませんが、安いレンズの割には厳しい条件以外では何とか使えそうですねぇ~・・・
でもレンズが暗いのでボケは余り期待できません・・・
この画像でもピントは前の家にあわせてありますが、後方の丘や家は余りボケていません・・・
望遠の魅力の一つである後ろボケや前ボケまでは時間の関係で試していませんが、前ボケ以外は期待できないかもしれませんねぇ~・・・
ボケが滲んで綺麗に溶け込むようなレンズなら結構使い道が有るんですが・・・
1000ミリと言う長玉の割りにボケが使えないのは一寸辛いものがありますが、値段が安いのでこんな物なんでしょう・・・
今度時間が有れば、テレコンバーターを付けて前ボケも含めて試写して見たいと思います・・・
さてどういうことに成りますやら・・・・
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment