FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

14

家族旅行で愛媛へ・・・しょの4

ピアノレッスンの記事で家族旅行の記事が中断していましたが、家族旅行の記事を再開しましょうか・・・m(_ _)m

朝食
翌朝、何時もの通り早く起きてしまい、着替えて散歩にでも行こうかと思いましたが、街中なので港まで行くには車が必要ですが、車のキーは息子が持っていますし、こんなに朝早く起こすのも可哀想なので、用意してきたコーヒーを炒れてスマホでゲームをしながら飲んでいました・・・
しかし何時もの様に体を動かさないと何だかイライラしますねぇ~・・・
で、結局服に着替えて散歩に行こうとしたらカミさんが起きて来ました・・・
結局散歩には行けず、テレビを点けて天気予報やニュースを見ながらもう一杯コーヒーを炒れて飲む始末です・・・
今日は、早目に出たいので携帯で息子を起こして、余裕を持って荷物を纏めて忘れ物が無いか良く確認します・・・
やっと7時前に成りましたので朝食を取りに1階へ降りました・・・
朝食は、和食か洋食かをチェックインの時に聞かれますので、和食をお願いしておきました・・・
朝食はフロント横の喫茶みたいな所ですが、名物のジャコ天も付いていました・・・
矢張りその土地の名物を食べられるのは良いですねぇ~・・・
旅ではB&Bが一番安くて効率が良い泊まり方かも知れません・・・
遊子水荷浦の段畑
ホテルを出て、カーナビで道を確認しながら新しく出来た高速無料区間の宇和島道路で遊子水荷浦の段畑へ・・・
以前に何度かバイクで来て居ますが、大分前なので高速道が新しく出来たりしていますので、カーナビ頼りです・・・
で、やっと見覚えのある遊子水荷浦(ゆすみずがうら)の段畑へ到着です・・・
それでは駐車場に車を止めて上へ登りましょうか・・・

遊子水荷浦の段畑02
一寸その前にカミさんがトイレへ・・・
画面左の板張りの小屋がトイレです・・・

遊子水荷浦の段畑03
登っていくと、毎度思いますが良くこんな所に石を積んで畑を作ったものだと感心します・・・
積んである石は、赤ちゃんの頭くらいから、手の拳位まで様々ですが、余り大きな石は使われていません・・・

遊子水荷浦の段畑04
主にジャガイモを植えているそうですが、今はサツマイモを植えていました・・・
段畑に使われている石が小さいので、時々崩れるんでしょうか?畑に石が転がっています・・・

遊子水荷浦の段畑05
上を見てみましたが、来て居る人は少ない様ですねぇ~・・・

遊子水荷浦の段畑06
横を眺めて見ますと、段畑の大きさはそれほど広くなく、幅は1mくらいでしょうか???
何も植えられていない畑でも草一つ生えていないし、良く耕されています・・・
矢張り重い物を上に上げるのは大変なようで、モノレールが設置されていますねぇ~・・・

遊子水荷浦の段畑上から
海の方を見ますと、段畑の向こうに宇和海が朝日に照らされてキラキラ輝いています・・・
段畑の中にコンクリートが張られたのが有りますが、段畑の様に見えますがこれが道路に成ります・・・
幅は矢張り1m少々でしょうか・・・???
軽トラでも通れないほど幅が狭い道路です・・・

遊子水荷浦の段畑頂上からの眺め
段畑の頂上から宇和海を眺めます・・・
真珠やハマチ養殖の筏が沢山浮かんでいます・・・

朝の宇和海
↑の場所より少し北側の頂上から宇和海を眺めます・・・
向こう側は宇和島市でしょうか???
降りる時、地元の人に聞きますと、山が海に迫って平地が少なく水も少ないので稲作が困難だった遊子水荷浦では、昔から働き盛りの男性は漁へ出て、老人と女性が畑仕事にあたり、少しでも食料を得る畑を作るために、山に石を築いて段畑を作って行ったそうです・・・
明治の記録には、水荷浦の斜面のほとんどが開墾されて段畑に成っていたそうです・・・
しかし、畑へ行く道路が狭いので車で行くことは出来ず、全て人力に頼る耕作はきつく棚田同様に段畑は次第に山野に帰りはじめ、水荷浦全域に有った段畑は、平成に入ると現在の規模まで減少してしまったそうです・・・
昔から主食にも成るサツマイモやジャガイモを植えていたそうで、以前は駐車場にある「だんだん茶屋」でジャガイモから出来た焼酎を売って居ましたが、今はお店が閉まっていて焼酎を買うことは出来ませんでした・・・
現在では段畑の保存会が出来て、地域外の人も加わって段畑を保存しているそうです・・・
遊水と言う地名は水が少ない土地と言うことらしく、段畑の維持も水遣りが一番大変だそうです・・・
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment