FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

07

家族旅行で愛媛へ・・・しょの2

宇和島城天主
いよいよ宇和島城天主へ入ります・・・
築城の天才と言われた藤堂高虎の作ったお城を、とくと拝見しましょうか・・・
お城は天主が全てみたいな事も言われて居ますが、天主はそのお城のシンボルみたいな点を指して言われているんだと思います・・・
本当は櫓とか二の丸とか全ての建物が揃っていた方が、お城の築城意図が良く判って良いんですが・・・
お城は、天主を囲うように作られている色んな塀や広場などと櫓や門などが組み合わさって敵を撃退するように設計されています・・・
攻めて来る敵を如何に撃退して防御するかと言う仕掛けが思いもかけずに面白いんですよねぇ~・・・
攻める側の心理を巧みに利用して、守りやすい場所に集めて殲滅するとか、勢い良く攻め込んでいくといきなり行き止まりに成ったり道が無くなってお堀に落ちるとか・・・
至る所に攻める敵を混乱させる罠が仕掛けられています・・・
また、軟弱な地盤だと重い石垣を築くための工夫だとか、何処にお城を築くかと言った思惑を読むのが面白いんですよねぇ~・・・ですから、お城は全ての施設が揃っていて初めて築城意図が判るんですが・・・
出来れば宇和島城も折角天主が残っているので、他の建物も是非復元してもらいたいものですねぇ~・・・
出来れば鉄筋コンクリートではなく、本来の構造で復元していただければ・・・
しかし、それも本来の状態の写真とか図面とかが無いと不可能なことだとは思いますが・・・
こう言う資料などは、散逸したり滅失しないよう早めに収集する必要が有りますが・・・
宇和島城には3つの家紋が付いています・・・
それを天主に入る前に探して見ましょうか・・・

宇和島城.竪三引両紋
まずは伊達家の始祖朝宗が奥州征伐の際に源頼朝から拝領された紋と言われ、伊達家の家紋の中でも最も古い由緒をもつものとのことで拝領された二引両を、後代改めたとされる伊達家もともとの家紋だそうです・・・
これは直ぐに見つける事が出来ると思います・・・
次には・・・

宇和島城九曜紋
伊達政宗が気に入ったので、 細川家から権利を譲ってもらったそうです・・・
瓦に多用されていますので直ぐ見つかると思います・・・
一番見つけ難いのが・・・

竹に雀紋
この竹に雀紋でしょう・・・
伊達政宗の曽祖父「伊達稙宗」のころ、上杉家に一族が養子にいく話が有った為、 引き出物として使用権を伊達家が獲得したそうです・・・
それでは天主へ入りましょうか・・・
入場料金は大人200円です・・・

宇和島城鎧兜
天主に入りますと鎧兜が展示されていました・・・
相当立派な鎧兜ですねぇ~・・・
しかも保存状態も良くてまるで新品のように感じます・・・

宇和島城天主模型大型
宇和島城の天主の構造模型です・・・
これで天主の構造が良く判りますねぇ~・・・
何でも二代宗利の時、天守以下城郭の大修理を行う際に作られたとかと言う説明がありました・・・
と言ってもラーメン構造なので、特に変わったところは有りませんが・・・

宇和島城天主模型
此方は宇和島城の天主の模型です・・・
一般の方がミリ単位で精巧に作られたそうですが、図面はどうやって作ったんでしょうかねぇ~???
まぁ~実物が有りますから実寸を測ったんでしょうか???

宇和島城古図屏風
宇和島城の古図屏風です・・・
敷地が四角に見えて実は五角形に成って居るというところが良く判ります・・・
こう言う古図が有れば、本丸以外の建物の配置が良く判って良いですねぇ~・・・

武者絵屏風
普段は伊達博物館に展示されている墨絵アーティスト茂本ヒデキチ氏の「政宗、秀宗」「宇和島城、宇和島さんさ」の墨絵が展示されていました・・・
これも伊達400年祭の特別展示なんでしょうか・・・???
そう言えば以前来た時には鎧兜なんて展示されていませんでしたが・・・
あれも特別展示なんでしょうか???

宇和島城からの眺め
天主最上階から西側の宇和海を眺めています・・・
見えている町並みは全て埋め立てで出来た土地なんですねぇ~・・・
お城のすぐ近くまで海が来て居た当時はどんな眺めだったんでしょうか???
五角形の形をした宇和島城の場合、西側の海を天然の防御線として、東側の三辺に海水を引き込んだ水堀を設けて、船が出入りできる城門(黒門と黒門矢倉)を備えていたほか、城の周囲に舟小屋や隠し水軍基地も設けていた海城だったそうです・・・(Wikiより
高松城(讃岐国)・今治城(伊予国)・中津城(豊前国)・桑名城(伊勢国)・三原城(備後国)が日本5大海城と言われています・・・
海城は海を防御と水運に用いた城郭の形式だそうです・・・
海城は、攻める方から見ると陸からだけ攻めると海側が手薄になりますから、海側からも攻める必要が有り船の運用に成れていないと反って其処が弱点にもなりかねません・・・
城を包囲しても海側が包囲し難いので物資の補給とかもしやすかったり、船で敵の背後を突いたり、城を捨てて脱出もしやすかったと思います・・・
結構海城は守り易くかったのかも知れませんねぇ~・・・
しかし、これだけの規模のお城を作りますから、地盤が重要です・・・
軟弱な砂地だと石垣を積むだけでたちまち地盤沈下を起こしてしまいます・・・
ですから宇和島城も海に面した小さな山を切り崩してお城を築いたんでしょうねぇ~・・・
スポンサーサイト



2Comments

★あ~や★  

お城ってロマンを駆り立てられます(*'▽')
タイムスリップしてみたい♪

2015/10/08 (Thu) 22:10 | EDIT | REPLY |   

@我楽多  

Re: ★あ~や★さん・・・

> お城ってロマンを駆り立てられます(*'▽')
そりゃぁ~城主が変わったり、同盟関係が出来たり、親戚関係になったり、滅ぼされたり、勢力を拡大したりと色んな歴史がありますからねぇ~・・・
宇和島城も何人も城主が変わってきましたから、その間にも色んな物語が有りますし・・・

> タイムスリップしてみたい♪
当時の事情が判る立場に居られるなら面白いでしょうねぇ~・・・
高みの見物が出来無ければ、面白くもなんとも無いでしょうねぇ~・・・

2015/10/09 (Fri) 18:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment