FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

07

「なんちゃって号」の1年点検で・・・しょの4

助手席から
後ろばかり見ていても仕方が有りませんから、フロント回りも見てみましょうか・・・
まずは助手席側から見てみましょう・・・
メーターはセンターメーターで、その下にナビの2DINスペースが有ります・・・
現在はナビが付いていないので、ガランドウで中身が丸見えです・・・(笑
エアコンはオートエアコンでした・・・
とうとう軽四にもオートエアコンが当たり前のように装備されだしましたねぇ~・・・
エアコンの吹き出し口も結構大きく設計されて居ますねぇ~・・・
ATの変速レバーは、ダッシュタイプで足元は広々しています・・・
全く軽四とは思えないほど窮屈さは有りません・・・
ドリンクホルダーも四角くなっていて、コップやペットボトルだけでなく携帯やリモコンをも置けるような形状に成っています・・・
出来れば500mlの魔法瓶が入るように直径が変わる様になっていればもっと良いんですが・・・
でも、ドリンクホルダーが左右に有るのは中々使い便利がよさそうです・・・
運転席右下
運転席を見てみますと、右下のスイッチ類はスターターやリヤの左ドアのクローザー、エコアイドルや自動ブレーキ、車線はみ出し防止装置などをオフにするスイッチ類が並んでいます・・・
そのスイッチ類の下には、小銭などを置けるトレイが有ります・・・
でも最近は有料道路の料金などは、カードでの決済が多いし高速道路ではETCを使う事が当たり前になって来て居ますから、ここにETCを付けられて蓋でも出来て隠せる様に成って居れば良いんですが・・・

センターメーター周り
センターメーターは、速度計を真ん中にして右側に回転計、左側に燃料計が配置されています・・・
そのほかの表示は全てLEDか液晶表示になって簡略化されています・・・
ハザードスイッチは助手席側の下に配置されて居ますねぇ~・・・

センターメーター周り02
センター周りの配置です・・・
助手席の前には大きめのトレイが有ります・・・
これは助手席を畳んだ時にヘッドレストを外して此処におくこともできますし、色々便利に使えそうですねぇ~・・・

ボンネットの長さ
車外から見るとノーズは短そうですが、車内から見ると結構長さが気になりますねぇ~・・・
これはタントなどでも使われている手法ですが、外観はシュートノーズですが、実際は結構長いノーズに成っています・・・

ボンネット内
で、気に成ってボンネット内を覗きますと、インタークーラーターボのエンジンが納まっていました・・・
ボアXストロークは、63.0×70.4でロングストロークのトルク型エンジンで64馬力ですねぇ~・・・
こう言う車は、クネクネ曲がった山道を走る機会が多いでしょうから、トルク型のエンジンの方が使いやすいでしょうねぇ~・・・
と思ったら意外と回転型のエンジンのようで、急加速の時には6000rpm位まで簡単に回転が上がりますし、しかも静かです・・・
エンジンの前後長さは短いんですが、補機類の配置で前後長が長く成って居るんでしょうかねぇ~???
でもこの配置なら4WDは無理な感じですねぇ~・・・
しかしこのボディに4WDまで詰め込んだら、一体どれだけの重さに成るんでしょうかねぇ~???
しかし折角此処まで造り込んだ車なら4WDまで考えて、本当のSUVにして欲しかったなぁ~・・・
って思っていたら、担当さんが見抜いたように「4WD有りますよ」って・・・
なにそれ!欲しく成っちゃうじゃぁ~ないですかぁ~!!!
まぁ~ホンダのNボックスも同じ様なエンジンレイアウトですが、4WDも有りますからねぇ~・・・

アルミホイル
タイヤは、165/55R15で転がり抵抗の少ない大きな直径のタイヤを選んでいますねぇ~・・・
最近は空気抵抗や転がり抵抗を少なくするために直径が大きくて細めのタイヤを設定する傾向に有る様です・・・
「ヤサゴロー」は、4WDですが雪道では除雪されていると走れますが、除雪されていないような道路では直ぐにスタックしてしまいます・・・
これは外径の小さなタイヤで最低地上高が少ないのが原因なので、できるだけ他車の轍を使わせてもらってスタックしない様にして居ますが、新雪が深く除雪されていない道路に成るとお腹に雪を抱き込み始めて、終にはラッセルが出来なくなってスタックするという事になります・・・
「ヤサゴロー」にも15インチタイヤが付けば、お腹も少しは高くなって、雪道でのスタックも多少は防げるんでしょうが・・・
出来ればジムニーのワンボックス型を出してくれれば最高ですけどねぇ~・・・
以前モーターショーに出た「マッドマスター」は市販しないんでしょうかねぇ~・・・
狭くて舗装されていない林道を走れるコンパクトな軽四で、多少の積雪を物ともしない車中泊出来る車があれば写真趣味には最高なんですが・・・
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment