FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

15

キシツツジを写しに汗見川へ・・・しょの4

八坂神社料金所
帰ることにしましたが、此処まで来てそのまま帰るのも勿体無い気がして息子に何処かへ寄って帰ろうかと言いますと、「大杉ってのが見たい」と言いますので、大杉の地名の元に成った大杉が有る八坂神社へやってきました・・・
此処では設備協力金と言うことで一人200円の協力金を払います・・・
まぁ~駐車料金と言うことと思えば良いようですが、一人幾らって言う協力金は人数が集まると結構な金額に成りますから頭の良い集金方法ですねぇ~・・・
観光バス1台が来て駐車料金5000円か40人の料金8000円かと言うと、人数分のほうが余計に入りますからねぇ~・・・
それでも割高感から観光バスが来なくなれば、元も子もありませんねぇ~・・・
特に高速道が出来てからは、わざわざ高速を降りてまで来る観光バスは無い様ですねぇ~・・・
この日も一台も観光バスは来て居ませんでしたし・・・
八坂神社
料金所の前が大杉の有る八坂神社への階段や鳥居があります・・・
それでは階段を登って八坂神社を参拝しましょうか・・・

八坂神社本殿
階段を登りきると八坂神社の本殿が見えてきました・・・
昔から意外とショボイ本殿だなぁ~って思っていました・・・
横の社務所なんてトタン張りの外壁ですし・・・
京都の下鴨神社が遷宮の費用が不足して用地をマンション用に貸し出すそうですから、何処とも神社は経営が厳しいんでしょうねぇ~・・・
まぁ~周辺人口も減って来ていますし・・・

八坂神社の大杉02
八坂神社の大杉は本殿に向かって左側に有ります・・・
立派な石碑も立っていますし、根っ子を痛めない様に木道が設けられています・・・

八坂神社の大杉
大杉は2本有って南側が太く大きい杉です・・・
特別天然記念物に成るだけの迫力は有りますねぇ~・・・
屋久島のジョンソン株には負けるかもしれませんが、それに匹敵するような杉です・・・
こんな杉が手ごろな距離に有って見られるのは幸運と言うほか有りません・・・

大杉の扉
大杉の周りをぐるっと回っていましたら、こんな物を見つけました・・・
ん~これは!この大杉はきっと人が操縦して動き出すに違いないと確信しました・・・
でないと、こんな所にドアなんて必要無いし・・・
と言う冗談はさて置き、大杉の中に入る必要が有るんですねぇ~・・・

美空ひばり歌碑
「美空ひばり」の歌碑が有る筈なんですが、何処にも案内が有りません・・・
一度料金所まで下ってお姉さんに聞きますと、料金所の少し上に有るそうなです・・・
ん~なんかこう言う点は不親切ですねぇ~・・・
で、歌碑の所へ行きますと「美空ひばり」の若かりし頃の写真がステン板に刷られています・・・
刷られて居ると言うよりステン板に陰影処理して写真に見えるようにしているんですねぇ~・・・
歌碑と言うより遺影碑と言えば良い感じでしょうか・・・
で、手前のスイッチを押すと歌声が流れるように成っていますが、設置してから長いためか結構雑音が多い感じです・・・
まぁ~3曲有って全て聞くと結構な時間が掛かります・・・

川の流れのように歌碑
本当の歌碑はその右側に有りました・・・
掘られている歌は「川の流れのように」でした・・・
何故此処に「美空ひばり」の歌碑が有るのかと言いますと、若かりし頃高知での公演のためにバスで通った際、乗ったバスが転落しましたが、九死に一生を得て大杉の八坂神社に再起を誓ったそうです・・・
そんな謂れが有るというのは聞いていましたが、実際に歌碑を見るのは初めてです・・・
そろそろお昼が近いんですが、すぐ近くのライダー達に大盛りで有名な「ひばり食堂」へは寄らず、途中で食事をすることにして今度こそ帰ることにしましょうか・・・

豊浜SA充電スタンド
高速で帰宅中、豊浜SAでこんな物を見かけました・・・
どうやらEVつまり電気自動車用の充電スタンドのようですねぇ~・・・
電気自動車もそろそろ実用化されているということなんでしょうか???
まぁ~充電スタンドならそんなにコストは掛かりませんし・・・
これが水素スタンドに成ると充電スタンドの数百倍のコストが掛かるそうですし・・・
何億円も掛かる水素スタンドを作るより手軽なだけなんでしょうねぇ~・・・
果たして燃料電池車が走り回る時代が来るんでしょうか???
そうなれば石油輸入に頼らなくても良くなりますし、太陽発電で海水を電気分解して水素を作り、その水素で発電できれば原発に頼らなくても良くなりますから、安定したベース電源になって呉れれば良い時代に成るかもしれませんねぇ~・・・
でも水素は、まだまだ取り扱いが厄介な気体ですから、どういう安全対策が取られるのか?これからの技術革新が期待されますねぇ~・・・
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment