我楽多写楽

写真道楽の我楽多が日常の徒然を書いてみます・・・

畦地梅太郎氏・・・しょの2

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

河津桜04
高松空港近くの公園では、既に河津桜が咲き誇っていました・・・
何だか桜を見ると一気に春めいて、暖かくなる気がしますが、今週からは寒気が入り朝夕は寒くなって昼間との気温差が大きくなる予報です・・・
ソメイヨシノもそろそろ蕾が大きくなってきていて、暖かくなる月末には開花が予想されています・・・
と成ると、満開はそれから1週間くらい後になりますから、四月上旬に満開に成るでしょうねぇ~・・・
4月始めの土日8・9日は桜撮影のチャンスになりそうですねぇ~・・・
桜は咲いてから気温が下がると花が長持ちしますから、出来れば今週の寒気は、桜が咲いてから来て欲しいものです・・・
桜撮影のチャンスは結構短いので、その間にお休みがあるかどうかが撮影できるかどうかの分かれ目に成りますねぇ~・・・
さて今回は中断して居ましたが、私が始めて畦地梅太郎氏の本物の作品を買ったときのお話でも・・・
本物と言っても版画ですから、同じ作品が数店ある訳ですが・・・

山男シリーズ02
私が始めて手が届く畦地梅太郎氏の作品を見たのは、神田の美術商でのこの作品が最初だと思います・・・
結構小さくてハガキ大の大きさなので、結構安いのかもと値段を聞くと、額縁込みで5000円との事でした・・・
幸い手持ちがありましたから買うことが出来、やっと念願の畦地梅太郎氏の作品を手にすることが出来ました・・・
丁度家を建て替えていたところでしたので、家が完成した所で私の部屋に飾ることが出来ました・・・
私の記念すべき畦地梅太郎氏版画作品第一号です・・・
なんでも、この作品は「山男シリーズ」として手軽に変える値段で、枚数も相当出回っているそうです・・・
しかしド田舎では扱っている美術商も無く、東京出張のたびに美術商を回って手軽に買える値段のものを探しました・・・

山男シリーズ
次に買えたのはこの作品でした・・・
最初に買ってから3年後でしたが、値段は余り変わってなくて、小さいので包装して貰いカバンに入れて持ち帰ることが出来ました・・・
最初の作品と雰囲気は良くにて居ますが、丁度この頃に冬山への山行を沢山していましたから、冬山を描いた作品に惹かれたんだと思います・・・
これも額縁付でしたが、版画の裏側に版画の紙の酸化を防ぐシートを入れてくれましたので、最初の作品用にも買って帰りました・・・
ガラスも紫外線の透過が少なくて版画の劣化を少なくするガラスだそうです・・・
いやぁ~こんな美術品?を扱うのは初めてなので戸惑うことばかりです・・・
まぁ~確かにこうしないと長持ちしないのは判りますが、美術品?って結構繊細なんですねぇ~・・・
しかし版画は同じ作品が数点有りますので肉筆画より安価に買えるのが良いですねぇ~・・・
その分、値段は余り上がらないでしょうが・・・
でも畦地氏も残念ながら既に亡くなって居ますから、新しい作品は出てこないと思います・・・
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://garakutaphoto.blog.fc2.com/tb.php/1095-17200f8c