FC2ブログ

我楽多写楽

写真道楽の我楽多が日常の徒然を書いてみます・・・

瓶ヶ森へ・・・しょの9

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

紅葉13
UFOラインで写した最後の紅葉です・・・
上の稜線を登山者の方が縦走していきましたから、寒風山まで縦走していくんでしょうか???
しかし下の方はともかく稜線付近は結構紅葉して居る所が有るんですねぇ~・・・
此れより下へ下がっても黄葉して居る場所は探せませんでした・・・
先程の縦走者は稜線付近の紅葉を楽しみながら縦走して居るんでしょうねぇ~・・・
いやぁ~登った者の特典かも知れませんねぇ~・・・
私も寒風山トンネルの登山口から登って縦走したかったなぁ~・・・
でも今回は瓶ヶ森付近での撮影でしたからねぇ~・・・
2兎は追えませんから、今回は諦めないと・・・
しかし登って来た時は、濃いガスでこんな紅葉は一切見えませんでしたが・・・

スポンサーサイト

瓶ヶ森へ・・・しょの8

Posted by @我楽多 on   4 comments   0 trackback

紅葉の山09
伊予富士を過ぎるとUFOラインは高度を下げ始めます・・・
名も無いピークがまるで山頂の様に見えます・・・
紅葉している木々も段々少なく成って来て居る様です・・・
高度が下がり気温が上がって来て居る性なんでしょうか???
でも緑もくすんだように成って間もなく黄葉が始まるんでしょうか???
何ともUFOラインの東側は山の傾斜が強く成って居ますねぇ~・・・
でも急傾斜でも植生は豊かなようですねぇ~・・・
しかし高度を下げると紅葉する木々は少なく成るんでしょうねぇ~・・・

瓶ヶ森へ・・・しょの7

Posted by @我楽多 on   3 comments   0 trackback

瓶ヶ森遠征の続きです・・・

東黒森
東黒森山に着きました・・・
結構紅葉した木々が多い様ですねぇ~・・・
相変わらず雲一つ無くて空は芸が有りません・・・
何とも雲が出て呉れても良い様な陽気ですが、気温が高すぎて雲が出来ないんでしょうかねぇ~???
気温が高いと飽和水蒸気量が上がってしまいますからねぇ~・・・
昨夜はガスでヤサゴローの車体に沢山の水滴が付いて濡れてしまったくらいでしたが・・・
何ともお天道様と地頭には勝てませんねぇ~・・・
スマホのアプリでも雲が出ている所は石鎚山系では無いようですし・・・
しかしスマホには便利なアプリが沢山有りますねぇ~・・・
星の位置が分かったり、雲が出て居るのか此れから雲が出るのか無くなるのか・・・
色んなアプリが写真撮影に使えて助かって居ます・・・

瓶ヶ森遠征余談・・・

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

稲に雫
10/22は停電に備えて会社へ出勤したためピアノレッスンはお休みしました・・・
停電復帰後にサーバーのリセットと若干の作業が有る為なんですが・・・
なので瓶ヶ森の記事が続いて居ますが、此処で一寸書き忘れた余談でも・・・

10月に入ってからと言うもの、雨が続いて何とも撮影が出来て居ません・・・
天気予報を見てみると10/7・8・9の3連休は晴れの予報でした・・・
しかし10/7は健康診断が有って10/8にしか出発が出来ません・・・
仕方が無く前日からカメラの電池を充電したり、フィルターとか持って行く機材をボックスに詰め込んだり、車載食料を確認したり・・・
出発当日は水を積み込んで、スーパーへ寄って食料を買いこんだり、GSで燃料を満タンにしてから意気揚々と出発しましたが、どうにもハンドリングが可笑しい・・・
豊浜SAへ入って確認するとどうも左前輪の空気が少ない様です・・・
出発全には異常有りませんでしたから、出発後にパンクでもしたかな???
そこでパンク修理をして貰おうとSAのGSへ行きますと、SAのGSではパンク修理作業は禁止されていると言う事です・・・
そんな馬鹿な話は無いだろうと言いましたが、頑として作業出来ませんと言う・・・
こんな事なら高速でタイヤのトラブルが有ってもSAでは修理できず、応急修理で下へ降りないと修理できないと言う事に成りますねぇ~・・・
応急修理が出来なかったり自力で動けなかったらロードサービスを呼ぶしか方法が有りません・・・
皆さんも高速道路を利用する時には、料金所に入る前にタイヤの点検を十分にするようお勧めします・・・
仕方が無いのでタイヤに空気を入れて貰い、高松市で貰ったタイヤ館のパンフレットで愛媛県のタイヤ館を探したところ新居浜ICを降りて直ぐに有る事が分かりましたので、其処へ行く事にしました・・・

瓶ヶ森へ・・・しょの6

Posted by @我楽多 on   4 comments   0 trackback

伊吹山
瓶ヶ森付近から見た伊吹山です・・・
伊吹山は冬でもよさこい峠まで車で登る事が出来ますから良く行く山です・・・
いやぁ~山はすっかり秋色ですねぇ~・・・
でもこれからのUFOラインの道中が楽しみです・・・
カメラはD800に80-200ミリ、eーM1に14-40ミリのズームを付けて助手席に置いて直ぐに撮影できるようにして居ます・・・
お天気が良いので結構上って来る車が多くて、対向が大変です・・・
写真を撮る時には出来るだけ幅員が広い所に停めて撮影しないと迷惑に成ります・・・
今から出発すると2時間ほどで伊予西条市まで下れますが、写真を撮りながらゆっくりと下りますし、休日で登って来る車も多いでしょうからお昼頃に瓶ヶ森林道入り口へ着ければ良いでしょう・・・
しかしお天気が良すぎて雲一つありませんが、写真的には雲が出て欲しい所です・・・

瓶ヶ森へ・・・しょの5

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

紅葉と石鎚
紅葉した木に光が当たりだしましたので石鎚の前景に成って貰いました・・・
石鎚もよく見ると紅葉して居る木々が有る様ですが、遠いので蒼くしか写って居ませんねぇ~・・・
昨夜は二の鎖小屋や三の鎖小屋から頂上を目指す登山者のライトが登山道に並んで綺麗でした・・・
土小屋辺りでもヘッドライトがチカチカして居ましたから頂上でご来光を見る為に出発する登山者でしょうねぇ~・・・
しかしそれを見ながら写真に出来なかったのが後悔で残ってしまいます・・・
矢張りついつい目の前の太陽と言う大きな光を追いかけてしまうんですすよねぇ~・・・
しかし山に来ると山容自体はもとより、星や月、夕日に朝日、紅葉、ガス、雲海、雲など被写体に困りませんが、目移りしてついつい良い場面を見逃してしまうのが未熟さの所以でしょうねぇ~・・・
場合によっては登山者や道標まで良い被写体に成りますから、目玉が余程広角に成って居ないと見逃してしまいます・・・

瓶ヶ森へ・・・しょの4

Posted by @我楽多 on   3 comments   0 trackback

瓶ヶ森東面の紅葉
朝食を済ませると太陽高度も上がって瓶ヶ森東面にも日が当たりだしました・・・
太陽高度は上がらない時には、下部の紅葉まで日が当たりませんから太陽高度が上がるまでに朝食を撮って居ました・・・
朝食を済ませて太陽高度も上がりましたからカメラを持って瓶ヶ森周辺を写して回る事にしました・・・
昨日駐車場の車の中で前泊していた登山者は全て上がって仕舞、残って居るのはカメラを持ったカメラマンばかりに成りました・・・
しかし今更ながらキャノンのカメラを持った人が多い様ですねぇ~・・・
私の様にニコンとかオリンパスのカメラを持って人は少ない様です・・・
まぁ~若い方は少々重い機材でも平気で持ち歩いて居ますが、歳を取ったらどうなるんでしょう???
此れからはMFでも使い易いミラーレスの時代に成って来ると思うんですが・・・
そうなるとレンズも小型軽量化されて山に持って来ても相当機動力が上がると思うんですが・・・
ソニーのα7などを見たり、オリンパスe-M1等を使って居ると此れからはミラーレスカメラの時代なんだろうなぁ~って思わされます・・・

瓶ヶ森へ・・・しょの3

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

雲海
朝日が顔を出して雲海が金色に染まり始めました・・・
山影には斜光も出ています・・・
一日の始まりです!!!
雲一つ無い上天気ですが、写真的には面白くありません・・・
空で雲が芸をして呉れないと今一つ盛り上がりに欠けますねぇ~・・・
雲海と雲がセットで朝日と戯れる姿が最高なんですが・・・
まぁ~もう少し気温が下がるとそんな姿も見えるでしょう・・・
何ししろ今日はこの時期にはあり得ないほど気温が高すぎます・・・
私の周りにもカメラマンが数人集まってパチリパチリやって居ますが、この場所を覚えられたら場所取りが難しく成りそうですねぇ~・・・
しかしカメラマンは当然ですが登山者の方までがカメラを出して朝日を撮って居ますが、流石に3連休ですねぇ~・・・
その人数の多さにはビックリします・・・

瓶ヶ森へ・・・しょの2

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

月下の石槌
朝4時頃の満月の月照石鎚です・・・
満月が出ると周りの星は全て消えちゃいました・・・
石鎚や松をシルエットで出そうとすると、月が明るすぎて実際より相当大きく写って居ますねぇ~・・・
この場所も年々木が成長して石鎚が隠されるようにまでに成りました・・・
そろそろ別の場所を探さないと・・・
夜明け前の気温が下がる時なんですが幸いな事に気温はそんなに下がらず、風も有りませんでしたから朝の冷え込みはそれ程でも有りませんでした・・・
社外温度計では10℃程でした・・・
何時ものこの時期でしたら、夜明け前は7℃程度まで下がるので、一応ダウンジャケットを持って来て居ましたが、何とか山ジャケで過ごせました・・・
しかし長時間露出でカメラの傍にいると矢張り手が悴んできます・・・
太陽が顔を出すと風が出て来ますから、早目に手袋を着用です・・・

瓶ヶ森へ・・・しょの1

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

天の川
10/7のピアノレッスンをお休みして愛媛県の瓶ヶ森へ行って来ました・・・
この日は月の出が遅くて夜の早いうちは星が狙えて、月が出ると月光下の景色が狙えると言う1粒で2度美味しい日なので是非とも行きたかった日なんです・・・
自宅を出発して高速を降りると何だかハンドリングが変なんです・・・
スーパーの駐車場へ止めてタイヤを見ますと酷く空気が減って居ます・・・
直ぐにカーナビでタイヤ屋さんを調べますと運良く近くにタイヤ館が有りましたので、行って見ました・・・
タイヤ館で調べて貰うと検針機と言う機械で調べても何も反応が有りません・・・
そこでタイヤに石鹸液を塗って見ますと一か所シャボン玉が出る所が有りました・・・
なんだかんだで修理に1時間ほど取られて、瓶ヶ森に着いたのは午後7時過ぎでした・・・
夕食は後回しにして早速カメラを出して撮影開始です・・・
運よく目の前の南側に天の川が見えましたからまずはワンショット・・・
ところがこの後ガスが湧いて撮影断念・・・
気象予報では翌午前4時頃ガスが腫れるようですので、晩酌をして寝ちゃいました・・・

一寸山に行って来ます・・・

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

石鎚夕景
この3連休で山に行こうとしましたが、健康診断が有って土曜日しか行けませんから泣く泣く初日出発を諦め今日出発する事にしました・・・
ですので今日は皆さんの所へはお伺いできませんが、宜しくお願いいたします・・・
皆さんの所へは明日の夕方にはお伺いできるかと・・・
其れでは行って来ます・・・

コスモスを写しに行きました・・・

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

コスモスと稲07
9月最後の休日は、久し振りに晴れて気持ちが良い休日に成りました・・・
此れだけ晴れて気持ちの良い休日に家で居る気持ちには成りません・・・
矢張り虫が疼きだして気が付いたらカメラを車に積んで走り出して居ました・・・
先週盛りだった彼岸花はもう終わりかけて居ましたが、今度はコスモスが満開に成って居ました・・・
何処へ行こうかと考えて居ましたが、刈り取りが間近な稲とコスモスのコラボでも撮ろうかと思い付き、塩江町方面へヤサゴローを走らせました・・・
しかし今年の休耕田にはコスモスは植えられてなくて雑草が生え放題のままでした・・・
なので畑一面のコスモスって言うのは撮れず、畑の傍に植えられて居るコスモスと稲を写してみました・・・
こう言う時には12-40mmF2.8PROは簡易マクロにも使えて便利ですねぇ~・・・

M-ZUIKO DIGITAL ED30mm f3,5Macro試写・・・しょの2

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

彼岸花20
試写の日は何とか晴れて呉れ、朝から絶好のテスト日和に成りましたが、直射日光でコントラストが付きすぎないか心配でした・・・
早速OM-D E-M1にM-ZUIKO DIGITAL ED30mm f3,5Macroを付け、D800にはタムキューを付けて試射に行って来ました・・・
先ずはM-ZUIKO DIGITAL ED30mm f3,5Macroの最短撮影距離を探る所から・・・
でも最短撮影距離で写すと何が何だか分からなくなりましたから、少し放してのショットに成りました・・・
その上、明るすぎたのか赤が飽和状態に成りそうでしたので、ISOも下げないとピントが悪く感じます・・・
しかし背景はこの状態で1mほど離れていますが、f3.5の開放では綺麗に滲むようなボケに成って居ます・・・
ん~最短撮影距離での撮影では、紅い彼岸花は色飽和してしまいそうなので適しませんねぇ~・・・
その上、少しの風が有ると彼岸花が揺れてピントが中々合いません・・・
最短撮影距離での撮影には風が無い時にマクロスライダーを使わないと手持ちでは余り綺麗なピントが出ません・・・
マクロの最短撮影距離での撮影では、体が前後に動くと手振れ補正では補正しきれない様ですねぇ~・・・
おまけに絞り開放での最短撮影距離での撮影は、被写界深度が浅くてピントが思った所に行きません・・・

M-ZUIKO DIGITAL ED30mm f3,5Macro試写・・・しょの1

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

レンズ比較
新しく購入したM-ZUIKO DIGITAL ED30mm f3,5MacroとNikonのマクロレンズなどと比べてみました・・・
一番右がM-ZUIKO DIGITAL ED30mm f3,5Macroで中央がニッコールAi-s35ミリf2、一番左がニッコールAi-s105ミリf2・8マクロです・・・
一番小さな35ミリf2と比べても長さはほぼ一緒で太さは2/3位でしょうか???
当たり前ですが35ミリf2はマウントアダプターを付けるとさらに長く成ります・・・
まぁ~これでAF出来るマクロレンズが手に入りましたから、マクロはMFなら210、180、110ミリ相当が使え、新しいM-ZUIKO DIGITAL ED30mm f3,5Macroを加えると35ミリ相当60ミリが加わりましたからマクロの幅が広がりました・・・
しかも今までは1:1の拡大率でしたが、M-ZUIKO DIGITAL ED30mm f3,5Macroは35ミリ相当2.5倍まで拡大できますから更に大きく撮れそうです・・・
それではカメラに付けて見ましょうか・・・