FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

我楽多写楽

秋の大山周辺へ・・・しょの13

鬼女台は紅葉するような木は近くにはなく道路を隔てた平原に広葉樹林が広がって居る・・・従って鬼女台にある一本の木が紅葉していて貴重な紅葉を見せて呉れるのは有り難い・・・休憩所の売店では産直市みたいで食堂の様な設備は無いし、食べられるようなお弁当などは売られてい無い・・・ん~まぁ~それでも時間は速いし、ストックの食材は未だ袋ラーメンが1個有るので余裕なんだが、朝食にラーメンだったので飽きてきている・・...

秋の大山周辺へ・・・しょの12

写友との待ち合わせ時間にはまだ相当時間が有ったので、大山東部の地蔵峠まで行って大山東壁を見てみる事にした・・・大山は東西南北どの方向から見ても表情が変わるので色んな方向から見たいのだが、船上山辺りの道路は細くて曲がりくねって居るので走りづらいので、行く場合はどうしても奥大山からは反時計回りに成ってしまう・・・大山は東・北・南が断崖で、豪円山からの北壁、大山まきばミルクの里からの西壁、鍵掛峠からの南...

秋の大山周辺へ・・・しょの11

木谷沢渓流を彼方此方秋の風情を探して歩き回ったが、古木以外にはこんな物に目が止まった・・・木に絡む蔦だろうか?黄葉している葉が幹に付いて居るので何だろうと思ったのは、黄葉した葉では無く影の葉の方だった・・・晴れてきた空の太陽の日差しを浴びて葉が隣の木の幹に影を落としているのは中々面白い・・・まだ時間が早いので観光客も少なくカメラを持ったアマチュアカメラマン位なので、ゆっくりと撮影を楽しむ事が出来る...

秋の大山周辺へ・・・しょの10

一昨日木谷沢渓流に来た時、少し気に成ったが渓流側をよく見ていなかった為に撮らずにいたが何だか気に成る木だった・・・なので時間が出来たこの日に再度撮影するためにやって来た・・・さてさて、この森の主の様な大樹をどういう風に撮ろうかしばし木の前で思案・・・恐らく木谷沢渓流が台風などで増水するとこの辺まで水が来て古木の渓流側が流れで削られてこの姿に成ったのかと・・・古木の前にある石も苔むしていて相当の年月...

秋の大山周辺へ・・・しょの9

朝は5時半頃に目が覚めて外を見るとどうやら雨は上がって居る様で、大山が暗い空に薄っすらと姿を現していた・・・早速起きだして服を着て外へ出てみると雲は高度を上げていて大山には掛かって居ない様だ・・・これは鬼女台へ行かなくて正解だったと一安心するが、風が出て居ないので若しかして雲海が出たかと心配に成った・・・ん~今から写友に電話するのも少し憚れるので、少しの間時間を潰してから連絡してみる事にした・・・...