FC2ブログ

我楽多写楽

写真道楽の我楽多が日常の徒然を書いてみます・・・

プリモマンドリンアンサンブル定期公演・・・しょの2

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

開演間近
さてさて無事に入場して開演を待っていますが、開演時間の相当前に来ましたが聴衆は相当多くてこんな端の方の席しか取れませんでした・・・
流石に定期公演に来る人は綺麗な音が聞こえるところを心得ている様ですねぇ~・・・
入場開始から10分も経たない内にこの入場者ですからねぇ~・・・
席が空いて居る様ですが、席には荷物が置かれて居ますから埋まっているんでしょう・・・
空席を探していると演奏者たちが入場してきましtから、急いで手近な空席に着きました・・・
今年は例年司会をされている蟻塚よう子氏は姿を見せず、水野栄治と言う方が声だけで司会をされて居ました・・・
ん~矢張り司会は姿を現して目の前で司会をされた方が落ち着きますが・・・
何だか今年の定期公演は場所や司会者が変わって緊張する定期公演に成りました・・・

スポンサーサイト

プリモマンドリンアンサンブル定期公演・・・しょの1

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

パンフレット
母親の命日に常教寺の住職さんにお出でを頂いて法要を致しました・・・
その際、今年も住職さんからプリモマンドリンアンサンブル定期公演のチケットを頂きました・・・
昨年は車で行った為、駐車場が満車で定期公演を見る事が出来なかったと言う事をお話しすると、今年も色んな公演が重なって何時ものレグザムホールが取れず、サンポートの小ホールに成ったから電車で来れば良いと仰いました・・・
其れは良い考えだと、今回の公演は電車で行くことにしました・・・
琴電に乗るのは久しぶりですから楽しみな面も有ります・・・
ローカルな赤字路線ですからなるべく利用しないと、その内無くなってしまったら我々の足が無くなって大変な事に成りますからねぇ~・・・
ローカルな赤字路線って皆が利用しないから廃止に成る訳で、出来るだけ沢山の人が利用するようにすれば少なくとも廃止には成らないでしょう・・・
これからも何かにつけて利用したいと思いました・・・

室戸岬へ・・・しょの4

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

夫婦岩03
太陽が上がり切りましたので夫婦岩の全景が見えてきました・・・

この画像は南側からで画像下の方に石垣が見えると思いますが、石垣と岸壁の間に遊歩道の様なものが有ります・・・
前回の画像で夫婦岩の向こうは東側と言うのが分かったと思いますが、岩礁の画像はこの画像右下にある岩礁です・・・
今度行く時には使う使わないは別いしてNDフィルターを忘れずに持って行こうと思って居ます・・・
まぁ~この後悔が元で後日ヤサゴローの荷室を模様替えする決心した訳なんですが・・・
夜間撮影でNDフィルターなんて使わないだろうと思い込んで持ってきませんでしたが、そういう思い込みがとんでもない事が良く分かりました・・・
まぁ~これがツエルトシステムの一番の欠点なんですねぇ~・・・
なるべく重くしたくないので荷物は最小限にしていましたが、撮影用品は色んなことを想定して出来るだけ持って行こうと決めました・・・
でも撮影用品を出来るだけ持ち込むと言ってもそれほど重くはならないでしょうねぇ~・・・

室戸岬へ・・・しょの3

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

室戸夫婦岩07
夫婦岩の東の空が赤くなってきました・・・
そろそろ夜明けが近い様ですねぇ~・・・
出も時間的には未だ1時間ほど有るようです・・・
なので場所を変えて夫婦岩を色々撮ってみましたが、見る方向で随分と印象が違いますねぇ~・・・
海の表情も段々見えてきましたので、もう少し高い場所から撮りたかったんですが、北側には断崖みたいな岩しか有りません・・・
登れるところが無いかどうか崖の周りを1周してみましたが、暗いので良く分かりません・・・
崖に登るのは諦めて下から色々アングルを変えて撮ってみます・・・
クライミングは得意ですが、カメラを抱えてのクライミングは一寸勝手が違いすぎます・・・
靴も登山靴ですし、岩質も分かりませんから無理は出来ません・・・
しかし余りグズグズしていると太陽が顔を出しちゃいますから撮影を急ぐことにします・・・
D800はこの段階でもAFは迷うし、MFではピントの山が掴み難くて出番はもっと後に成りそうです・・・
こういう点はオリンパスに1歩アドバンテージが有りますねぇ~・・・

室戸岬へ・・・しょの2

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

青年大師像
ビシャゴ岩で乱礁遊歩道を出て国道へ出ますとこんな像が目の前に現れました・・・
室戸市のHPに寄れば「この像は昭和59年11月、大師の徳を慕う信者や一般の方々の寄進によって建立されたもので、 青年空海の力強い生き方がしっかりときざみ込まれています。 高さ21m(台座5m含)」という事らしい・・・
色々ググってみますと、真言宗・豊山(ぶざん)派「明星来影寺(みょうじょうらいえいじ)」に建立された国内最大の“青年大師像”らしい・・・
若き日の弘法大師・空海は、ここ室戸岬で厳しい修行に励み悟りを開いたとされていますが、その伝説の地に建立された“青年大師像”はパワースポットととして人気を呼んでいる様です・・・
青年像下部の基壇部分には弘法大師・空海の生涯における重要な場面がブロンズ仕上げの浮き彫りで9枚が嵌め込まれています・・・
遣唐使として船で唐に船で渡った「渡海入唐」の場面のものは高さ3メートル、幅8メートルと巨大なものです・・・

しかしこの像が乱礁遊歩道の東の入り口のランドマークに成って居ます・・・
西の入り口には中岡慎太郎像が立っていますから行かれる方はこれらの像を目印にすると良いかも・・・???